インスタグラム今後どうなるのか!?

Facebookの流行りと廃り

SNSを仕事に生かそうと考える人にとって最も重視されているのが、ビジネス利用に特化した専用ページを設けているFacebookです。
個人アカウントとは別のFacebookページと呼ばれるもので、有名企業の多くも開設しマーケティングやブランディング戦略に役立てています。
個人でも開設できるため個人事業を行っている人はもちろん趣味の活動を告知したりハンドメイド作品を広く宣伝販売したい人の多くが開設し、良い結果に導いているケースも目立つようになって来ました。
とは言えFacebookにアカウントを持っていない人へのアプローチが今一つという面があり他のSNSと連携して拡散力をアップさせる必要があるため、Facebookの流行り廃りやメリットデメリットを見極めて、不特定多数の人の心をつかむ投稿をマメに行う必要があります。

インターネットが一般化するにつれて人々の興味関心が移り変わるスピードがさらに加速し、FacebookをはじめとするSNSのみならずWEB上の流行り廃りを見極めるのは非常に困難な時代になりました。
仕事に生かすためにはある程度の予測は必要なため、ビジネス利用に最適な仕様となっているFacebookページを最大限に活用することで、自分の事業に役立つ流行り廃りの予測材料を得る重要性が増しています。
Facebookページにはインサイトという管理者が閲覧できる分析機能が備わっており、ページ訪問者の属性や投稿への反応など多岐にわたって把握することができ、こまめにチェックすることで自分の事業に関心を持ってくれる人々の性別や年齢層の割合、何に興味を持って自分のページを訪問しているのかが把握可能です。
特に投稿への反応の良し悪しがダイレクトにわかるというメリットがあり、人気を高めやすい投稿を増やすことに繋げられます。

Facebookは個人アカウントも含めてビジネス利用向きと言われていますが、ビジネス専用ページだからと言ってFacebookページの投稿が広告宣伝ばかりではユーザーから敬遠されるという現実もあるため、関わり方にはある程度の勘とコツが必要な側面があります。
一般的にSNSを利用する人は広告を見ようと訪れる訳ではなく、何気なく閲覧して楽しめたり生活に役立つ有益な情報を得ることができるような投稿を求めており、一見ビジネス専用とはわかりにくいFacebookページだけに、他のSNS同様あからさまな広告ではない記事が期待されています。
海外ではFacebookとは別のビジネス専用SNSが活用されていますが日本ではそれが定着せず、主にFacebookページがビジネス利用に役立てられているため個人アカウントとの使い分けに戸惑いが生じることもありますが、ビジネスツールに最適なSNSとして今後も人気を高めて行くことが期待されています。